少し前の記事ですが思うところがあったので書いてみます。

それはこの記事
世界一マツダのオートザムAZ-1を愛する男、エンジンのリストアに挑む
私も大好きな車AZ-1を海外の方が購入して弄ってる動画とその海外の反応記事ですね。

アメリカの25年ルール

アメリカで販売されなかった自動車をアメリカで登録して乗る、輸入するには販売から25年経たないとできません。このため25年目を迎える日本の人気車種の中古車価格が跳ね上がる傾向があります。

アメリカで販売されなかった日本車がどうしても欲しいという人はこの年を待っているんですね。

車好きとしてなんか寂しくなる、が

車好きからすると値段は上がるわ玉数も減るわであまりいい気はしないし、とにかく遠くに行ってしまうのが寂しいのですが、例えば日本で見かけるアメリカの旧車ってどれもピカピカでオーナーさんが大事に扱ってらっしゃいますよね。

同じようにアメリカでもその日本車を大事に扱ってくれると思うのですよ。

いろいろと考えてたらむしろその方がいいような気がしてきました。程度の良い旧車を安く買える状況が日本で続いていたら雑に扱うオーナーも中に入ると思うのですが、値段が上がりそれを欲しいという人は、本当にその車が好きか、投資として持っておくかの二択くらいのもので、どちらにしても大事に大事に扱ってくれるはずです。

大好きな車がどんどんアメリカに行ってしまうのは寂しいものですが、大事に乗ってくれると思えばその方が良い。という結論になりました。

海外の反応は止められませんな

こんなことを思うのも海外の反応をまめにチェックしていたおかげだなと。日本車を褒めてくれる記事がほとんどですし悪い気もしません。

これからも海外の反応に反応してしまったらこのような記事を当ブログで綴っていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です