当サイトを復活する理由

これを公開するかどうかはかなり迷いましたが自分のために公開してみます。

これまでの経緯

2013年、それまで「海外の反応系記事」をよく見ていた私が個人的に制作・利用していたアンテナサイト的なものを、まともなデザインに作り替えてkaigaihannou.info「海外の反応Pick Up」で公開。

2014年、病気になり療養

以来、アンテナサイトなので当たり前なのですが…ほぼほったらかし状態で2015まで公開されたいた模様。なぜか解りませんがどうやら「海外の反応」というキーワードで70〜100位くらいをうろついていたらしく…ごくごく希だと思うが記憶にある人もいるかもしれない。いやいないかもしれない。覚えてる人いますかね、上の画像は当時のサイトのデータを再アップしてキャプチャしてみたの図…懐かしい。そして古いなやっぱり。

最近気になってkaigaihannou.infoにアクセス。「なぜこのURLを選んだんだおまえは…」と失礼ながら他人の事を友人達で笑う。

体調も良くなり友人のすすめでもう一回作り替えて再開。といったところです。

これから

自分で何かを創り出すというのはとても気分の良いことで(といっても相変わらずコンテンツは他人様任せなのですが)、会社員としてそれなりに忙しいオジさんではありますが、飽きるまでは少しずつでもやってこうと思います。

SEO的な事は苦手だし面倒なので相互リンクをお願いする以外はこのままゆっくりとひっそりとやって行けたらいいな。

下手をこいてアクセスが増えてしまったらどうしようか。このショボいレンタルサーバーで運営など出来るのだろうか?正直解りません。こんな所です。

snsボタン設置

日曜日で暇ということで、出来る箇所から一気に進めています。こんなことブログで公開する事じゃ無いのですがテンションが上がっているのでどうかお許しを

snsボタンてそれなりにアクセスのあるサイトじゃないと意味ないのだけれど勉強がてら付けてみました。

超簡単だったけどほんとにうまく動作してるのかは解りません。現時点では設置する意味が無いのだからどうでもいいのですが…開発日記としている以上、どうでもいいことでも一応記しておきます。

▼こちらを参考にさせて頂きました

各外部記事の画像の利用

当サイト上では紹介している各記事の画像を利用しているのは見れば解るという話ではありますが、これによって各サイトを運営するサーバーに微少の負荷が発生する事もありますので軽く説明しておきます。

画像が表示される仕組み

当サイトで紹介させて頂いている各外部記事は各ブログで記事をアップすると作成されるfeed(RSSやXML、Atom等)を参照しています。このfeedというのは「軽めの記事内容」で、これに画像のurlが含まれている場合はそれを参照して表示しています。画像は当サイトのサーバーに保存される訳では無く各ブログを運営されているサーバーのデータを直接表示します。

運営者様が心配することはありません

上記の理由で該当のブログ記事のページを開かなくてもブログを運営しているサーバーに微少の負荷がかかることになります。が、各ブログの運営者様は全く心配することはありません。

たとえば当サイトから皆さんの運営する本記事のページに移行したときに表示される画像は当サイト上で一度閲覧されているのでブラウザに残っているデータを参照しサーバーから読み込むことは無いからです。世界はうまいこと回ってるものですね。

当サイトで表示される条件

当サイトで表示される画像は

  • 記事feed内にある最初の画像(jpg、gif、png等)のurl
  • 画像urlが含まれない場合はyoutube動画を探し、あればその動画のサムネイル画像

と、なんとも単純なものです。ちなみにyoutube以外の動画には対応していません。動画を貼り付けて記事にされているサイトも多いようですのでyoutubeのみなんとか対応しました。

ウチの記事の画像が表示されないぞバカヤロウ

なんていう場合は、feedに画像のurlを含めるよう見直してください。たまに昔の古いテンプレートで運営されているものはハチャメチャなfeedを書き出している場合があります。Amazonの広告の画像urlが含まれてるとか…

基本的には記事内容の全文、またはできるだけ多くの内容をfeedに反映させるよう設定されていれば行けるはずです。フリーブログサービスではデフォルトでokなようです。

youtubeの場合はfeed内に<embed>タグというので埋め込まれている場合だけ対応しています。記事冒頭でyoutube動画を埋め込んでいるにもかかわらずサムネイルが当サイト上で表示されないという場合は条件が合っていないということになります。私のようにその辺を考えるのがとんでもなく面倒な方はキャプチャした画像をブログの冒頭に埋め込むかアイキャッチとして登録するか色々試してもらうしかないですごめんなさい。

ここで言いたかったこと

私のように言語力・文章力の無い人間は言いたいことを説明しようと頑張ってる内に目的を忘れてしまいます…

要は、どうせ当サイトよりもGoogleの画像検索とかのほうが100億倍くらい多いでしょうから心配されないようにということでした。

メインコンテンツをどうにかしたいがなかなか難しい話

当サイトのメインコンテンツ、つまり海外の反応系ブログ記事へのリンク表示。この記事を書いている時点ではまだ「Coming soon」状態ですが… これがなかなか難しい事情があるのでとりあえずその理由とこれからやりたいこと。

進まない理由

まず今現在homeと全ての海外の反応で表示されるリストは2013年公開当時のサイトリストを参照していて現在は存在しないサイトや更新が滞っているサイトも多数含まれています。

これを新しくするのは簡単なのですが、今後の管理のしやすさを考えると毎回手動で追加するのでは無くサーバー側でアプリケーション的に扱いたいのですよね。

こうなるとサーバーサイドで動くプログラムを作らないといけない。そして私にその記述が無い。>>勉強しないといけない。となるわけです。

やりたいこと

管理ページを作って新しいサイトの登録と整理・削除、それとカテゴリー分けをし、公開したい。

次に海外の反応系ブログの運営者さんや、利用者さんお薦めのサイトなどを登録依頼フォームから追加してもらう。

追加してもらったサイトを当サイト上で反映させるかを管理人である私が決めて、カテゴリー分けした上で反映させる。

という流れ。うん…確かに一筋縄ではいきませんね。

少しずつ充実させていきたい

後で楽したほうが良いので最初は時間をかけていきます。その前にやりたいこと、時間をかけずに進められる部分を進めてみます。

皆さん長い目で生暖かく見守ってください。

開発メモ・履歴用にブログを始めます。

個人的に制作・利用していたサイトを公開しようと思い立ったその日から、色々と勉強しないといけないってことが判明しそれには時間もかかるということでなかなか前に進みません。そこでブログを用意することにしました。

ブログを始めた理由

私はしがない会社員なのでとてもWEBサイトを構築する時間など無いのだけれど、できれば恥ずかしくないものを作りたいという思いが強く、作業に時間がかかってしまいます。もともと全然Googleとかにかからないので誰も見ちゃいないだから良い、と思っていたのですが…一体どこから見つけてくるのか各地からアクセスがあるのも確か(グーグル・アナリティクスを信じるなら)。なのでとりあえず予定してなかったブログを付けました。

WordPressとかほぼ触ったことも無いので、恐る恐るですがこのブログもいつかはトップページに似せたデザインに変えたいと思います。

このブログで公開していく内容

おそらく初期はWEBページの進捗報告になると思います。作ってて思ったのですがサイトを構築しながら「こうした方がいいかな…」と思うことが多く…、いかに最初のビジョンが大切なのかを痛感しています。だから今考えてることも、それをどう変えたか、どうしていくつもりかを綴っていくのだと思います。

今はまだぼんやりとですが、構築が落ち着いたら日常とか海外の反応系の各記事について思うことなどを書き込んでいくような気がします。

海外の反応アンテナサイトを作り始めて思ったこと

数年前に一度公開していたとはいえ現在はWEBサイト制作周りの環境がガラッと変わってしまっています。HTML5?CSS3ってなんぞや?といった具合です。実際、制作している時間よりネットでその界隈を巡っている時間の方が遙かに時間がかかっています。先が思いやられます…

これからの運営

性格的に凝り性なので、少しずつじっくりやっていきます。凝り性といってもSEOとか面倒なことをやるような人間では無いのでこのまま人知れず運営していく所存ですが運悪くこの出来損ないのサイトを訪れてしまった方々、是非ゆるーく見守っていてください。